Home

シックハウス症候群とは

シックハウス症候群とは家の中にいることで引き起こされる健康被害のことです。その健康被害の症状は一律ではなくて、住んでいる家や住んでいる人によって左右され、ある人は喘息やくしゃみであったり、頭痛や吐き気だったり、肌荒れだったり、鼻水鼻つまり、不整脈、目の充血など症状そのものを一律に規定することはできないのです。

その家や人によって様々な症状を引き起こすシックハウス症候群という健康被害ですが、その健康被害をもたらす原因も一律に特定はできないで様々あるといわれています。

その考えられる原因といたしましては、まずは建物に使用されている建築材料や塗料などであるといわれています。化学物質を含んだ建築材料や塗料接着剤などを大量に使用していることで自然な環境とは違う空気状態になってこの症候群を引き起こされるとされています。

しかしこの症候群はこれだけではなく人によっては別の原因があるともされています。その別の原因とは家そのものに使用されている建築材料などではなくて、家の中に持ち込まれた家具や衣類や電化製品などであったりする可能性もあります。特に他の人が使っていた中古パソコンもその一つ。定価より安く手に入りますが、アレルギー体質の方は極力避けることをおすすめします。

他の原因では家の中で暮らしているうちに自然発生した目に見えないレベルの小さなダニやカビだったりする場合もあります。
エアコンの常用使用などで換気不足による室内空気の汚染も充分にあり得ますし、単なる過敏なストレスということもありえまして原因を一律に特定することは困難です。

新築やリフォームした家、新しいビルや学校で起きやすい

空気中の化学物質を吸い込むことで体に有害な物質が少しずつ体内に蓄積されてしまい、ある量を超えた時に発症するさまざまな不調がシックハウス症候群です。

このシックハウス症候群を起こすとされる化学物質については現在厚生労働省で13の物質について基準となる値を設定していますが、有害物質に対する耐性は人により異なりますので基準値以下でも症状が出てしまう人はいます。

シックハウス症候群の代表的な症状は頭痛・皮膚刺激感・のどの痛みや呼吸器の異常などで、原因が建物内にあるので屋外にいる時には症状が出ないのが最大の特徴です。

シックハウス症候群の原因となる化学物質は建築材料の塗料や接着材料などに含まれるケースが多いため、新築の住宅に引越ししたり新しいビルで働き始めた時に発症するケースはよくあります。そのため新築を購入する前には信頼のできる不動産仲介業者に依頼し、シックハウス症候群にならない住宅選びをしましょう。

しかし、自分の家が新築ではないからといって決して安心できないのがシックハウス症候群の怖いところです。
もっというと住宅だけではなく、バスやトラックの車内でもシックハウス症候群になる危険があります。ホルムアルデヒドに代表されるシックハウスの原因物質は家具の塗料や害虫駆除のための薬剤などにも含まれているため、家具を買い替えたり防虫剤や害虫駆除剤を使ったことがきっかけで体の許容量を超えてしまいシックハウス症候群が起こったケースがたくさん報告されています。

住友林業のリフォーム

住友林業のリフォーム

住友林業の戸建てリフォームのページです。CMに出演中のキンカさんの「リフォレストリポート」も掲載されています。

IDC大塚家具

IDC大塚家具

家具やインテリアならおまかせ。ショールームでおなじみの大塚家具です。あなたのお気に入りがきっと見つかる。

ダイキン空気清浄機

ダイキン空気清浄機

シックハウス症候群対策の一つとして、空気清浄機を置いてみてはいかがでしょうか。これで一年中快適な室内空間へ。